パーティーピーポーになれなかった人のブログ

くすぶっている人のブログです

海外インターン・ボランティア

意識高い系学生の代表的行動パターンとして、海外インターンや海外ボランティアが取り上げられては、揶揄されています。

 

なぜでしょうかね。

 

歴史を振り返ると、岩倉使節団に随行した津田梅子さんは有名ですし、

今でも学校からの派遣留学、交換留学は揶揄の対象になっていないようです。

 

ではなぜ、意識高い系がここまで非難されるのでしょうかね。

 

おそらく、その目的だと思います。

 

交換留学では、語学力の向上だったり現地の大学生との交流だったり様々ですが、

意識高い系は、なんとなくで行ってしまっている人たちが多いと思います。

 

具体的には、周りの子が行っているから、自分を変えたいから、

海外の子供たちを救うため、井戸掘りたい、などですかね。

 

これらは決して否定されることではありません。

ただその意思があまりにも中途半端で、結局何もせずにただ楽しかったで帰国してくる子が多すぎます。

 

海外の子供たちを救うなら、もっと他の方法があるだろうし、井戸掘りたいなら、あなたではなくその道のプロが行くべきです。

 

もっと自分と向き合って、なぜ行くのかを考えた上で行動して欲しいです。

 

自分に言い聞かせてるような文章になりましたが。